スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

デヴィッド・グレーバー『ブルシット・ジョブ』によせて

匿名希望(職業:ブルシット・ジョブ)
デヴィッド・グレーバーが亡くなった。以下の書評はそのことを知る直前に書き上げたものだ。しょうじき、かれの著作のそこまで熱心な読者というわけではなかったし、もちろん会ったこともない。いや、正確には、かつてグレーバーの来日時に機会があったのだが、英語が下手なので気後れして行かなかったのだ。だから、追悼文といえるほどのものを書くことはできない。それでも以下の書評の「本書は、国家と資本の解体をもくろみ、相互に配慮しケアしあう動物としての人間の力能に信をおく、このうえなきアナキストによるものだということ」というところだけは、グレーバーも言われて悪い気はしないのではないか。かれの著作からは、人間という動物の生態がもつアナキズム・コミュニズム的次元をありありと学び取ることができた。あとはそれぞれが勝手に、この次元をはぐくみ拡張していくだけなのだ。
 だれかの取り巻きを演じる、ひとを脅してあやつる、尻拭いをさせられる、中身のない書類の束をひたすら処理させられる、それらもろもろを采配し管理する……すべてクソどうでもいい仕事、ブルシット・ジョブであることは、おそらくだれもが気づいていることだ。とはいえ、じぶんはブルシット・ジョブになど従事していないかのように取り繕うこともその仕事には内包されているのであり、デヴィッド・グレーバー『ブルシット・ジョブ』の邦訳刊行がこれまでのかれの著作以上の注目をもって迎えられたのも、その点がおおきいだろう。「よくぞ言ったくれた!」と。内心ではだれもが口に出したくてウズウズしていたことを、グレーバーは言ったのである。
邦訳書のあたかもビジネス書かのような装釘は、その意味で皮肉に満ちている。「アフターコロナ」の「経営戦略」やら「プレゼン術」やらを読み漁っている層が、勘違いして本書を手にしたら、どうか。その耳元でグレーバーはささやくはずだ。おまえがやっているのはほんとうはクソどうでもいい仕事なのではないか、と。もっとも、勘違いでなくマジでビジネス書として手にとられることもあるだろう(噂では、本書は日経新聞の「ビジネス書」売行ランキングにランクインしたという)。本書のとりわけ前半の議論は、ごく表面的に——「いいとこ取り」による領有は、われわれの敵の常套手段である——なぞれば、より合理的な仕事の進行や配分、より親密さに満ちた職場環…

最新の投稿

学生たちへのレクイエム ジョルジョ・アガンベン

BLMとコロナの啓示

ウイルス的蜂起

ミネアポリスーーこの戦いにはいま、二つの陣営がある CRIMETHINC

チアパスより――「われわれはどのようにグローバルな健康危機を体験しているか」

コロナウイルス ヴァネーゲム 

ウイルスと、国家の日和見主義に抗して CRIMETHINC

ペストについての省察 アガンベン

破綻を超えて:その後の可能性について、3つの沈思黙考 フランコ・ベラルディ(ビフォ)