スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

チアパスより――「われわれはどのようにグローバルな健康危機を体験しているか」

以下はLUNDIMATINで5月4日に掲載されたテクストのHAPAXによる訳である。

Covid-19 のような「世界的パンデミック」は何十億もの人々をひとつの共通の出来事(ウィルスの蔓延が人々に恐怖を引き起こし閉じ込めをせまる)に陥れる。これは人々が現在の状況を同じしかたで体験していることを意味しない。とはいえ、三月の初め以来フランスを震撼させている問題、すなわち(危機に直面し、ついで閉じ込めに直面した際の)不平等が問題となっているわけでもない。西洋から目を転じてみれば、別の現実が見つかる。さらに言えば、コロナウィルスは世界中いたるところに蔓延しているのだから、さまざまに異なった真実が明らかになる。そうした真実は、たとえばチアパスの叛徒によって発せられた。
[注記:本記事を公開してから、われわれはこの記事がサパティスタ民族解放軍の手によるものではないことを知らされた。スペイン語のオリジナル版が示唆している通りである。そうしたわけで記事の出所にかんしてはいくらか錯綜した事情がある。われわれとしては、これが明らかになるまで、記事は読まれる価値があると思われるので公開したままにしておく。しかし、読者にあってはこの点に細心の注意を払って読まれたい。]
 共同体の内部、つまりは都市の外では、状況はまったく異なっています。食料は菜園で自給しており、トウモロコシやフリホル(小豆や黒インゲン豆)の貯えもあるので、わたしたちは日々、振り出し薬を飲んで、農作業で身体に気を遣いつつ、小さな規模で家畜の世話をしています。  パニックはそれほど重大ではありません。フェイクニュースや陰謀論や無能な政府の番組を眺めて一日を無駄にするほど暇ではないし、技術的な手段もありませんから。  社会的諸関係は必要に応じた公正なものですが、連帯は知人にも見知らぬ人にも絶対的なものです。  国家による援助にかんしては、なんの期待もしていません。国家がいまの土地を見捨てたために、わたしたちが土地を開拓することができたという歴史があるのです。  子どもたちは学校もないので、自宅で家族と一緒に、それもとりわけ祖父母と一緒に、よりいっそうみずからの文化や言葉を学んでいます。  家に居続けることはできないのだから、生活が中断することもありません。そんなことをすれば、動物たちが餓死してしまい、農地も荒れてしまいかねません。  わたしたち…

最新の投稿

コロナウイルス ヴァネーゲム 

ウイルスと、国家の日和見主義に抗して CRIMETHINC

ペストについての省察 アガンベン

破綻を超えて:その後の可能性について、3つの沈思黙考 フランコ・ベラルディ(ビフォ)

Become Unreasonabl /Commune

ウィルスの独白 LUNDIMATIN

上村忠男氏への8年目の応答

コロナウイルスについて

12号について

HAPAX12号「香港、ファシズム」