スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

「いのち」のコミュニズム

以下は先に公開した「谷川雁の「ふしあわせ」なコミュニズム」の続稿である 。   NEZUMI   1 水俣病患者認定闘争を中心的に担っていた緒方正人は、 1985 年、自ら「認定申請」をとりさげその闘争から降り、やがて「チッソは私である」という覚醒にいたる。これについてわれわれは以下のように書いた「近代をもとめつつ近代の拒むという分裂の根源にむかったがゆえに緒方は発狂する。その果てに『いのち』が見出され、『チッソは私であった』と思い知る」(「 HAPAX 」 2 号)。しかしこの要約では緒方の闘いをとらえきることはできない。緒方がおそれたのは「責任というのが、制度化されてしまう」(『チッソは私である』)ことであった。そのため、「『加害運動』に対して被害者の側から『救済』が要求され、それを支える『支援運動』があり、どうも『救済の権利』という捉え方に避け難く変化してきたのではないか」。緒方は「権利ということに対して疑問をもっていたんです。『権』というのが好かんとですよ、なんでは。これは自戒でもあっとですけど、人間はどうしても権化しやすい」とも語る。緒方が闘争を降りたのは闘いを放棄したのではなく、逆に「終わりのない道を選ぶ」ことであった。そこで狂気のときに見出されたのが「いのち」である。古賀徹は『理性の擁護』でこう論じた。「緒方は加害−被害という交渉の外部枠組みにしたがってかつては相対を位置づけていた。しかしながら川本(輝夫)との決別以降、被害の立場からチッソを糾弾する彼自身の枠組みが崩壊する。緒方はその崩壊経験を通じて、強制的かつ全面的に自分のうちに侵入してくる自然、つまり区別しようもない存在者の総体を発見したのだということができよう、こうして発見される自然との応答の次元に緒方は『いのち』ないしは『いのちの別名』としての『魂』を位置づける」。 2 山谷のある活動家は以下のように書きつける。コロナ第一波に対する行動の報告である。 こういった情勢で、私達は炊き出しをそれまでの週一回から週六回に増やした。もちろん これは世間の流れには逆行している。緊急事態宣言の下で、毎朝 120 人前後の野宿者かあつ まり飯を食う炊き出しを週 6 日間 ( 土曜日たけは炊き出しナシ ) 続けるのというのは、なかなか議論を呼ふところだと思う。やはり人か集まるのはコロナウィルスの感染の危険を考え

最新の投稿

それはどのように為されねばならないかもしれないか イドリス・ロビンソン 高祖岩三郎訳

谷川雁の「ふしあわせ」なコミュニズム

「HAPAX」13号「パンデミック」刊行

デヴィッド・グレーバー『ブルシット・ジョブ』によせて

学生たちへのレクイエム ジョルジョ・アガンベン

BLMとコロナの啓示

ウイルス的蜂起