スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ウィルスの独白

LUNDIMATIN


以下はLUNDIMATINで3月21日に掲載された以下のテクストのHAPAXによる訳である。 https://lundi.am/Monologue-du-virus(なお同サイトでも日本語訳がアップされている。) 今回の事態をめぐって様々な言説が溢れているが、いまのところこのテクストがわれわれにとって最も重要に思える。「わたしが葬り去るのはみなさまではありません。一個の文明を葬り去るのです」。

親愛なる人類の皆様、笑止千万な我々への宣戦布告はおやめなさい。復讐心に満ちた目をわたしたちに向けないでください。わたしの名前を光輪のようにとりまいている恐怖を静めてください。わたしたちウィルスは、この世界に細菌が誕生して以来、地上における正真正銘の生の連続体でありました。わたしたちがいなかったならば、みなさまが日の目を見ることはなかったでしょうし、原始細胞でさえ生まれてくることはなかったでしょう。


 わたしたちはみなさまの祖先です。サルどころではありません。岩石や海藻と同じようにみなさまの祖先なのです。わたしたちはみなさまのいるところにはどこにでも存在していますし、みなさまのいないところにも存在しています。みなさまがこの世界にじぶんに似た同胞の姿しか認めないとすれば、みなさまにとって残念なことです。それはともかく、みなさまが死に瀕しているのはわたしのせいであるなどというようなことは控えてください。みなさまが死にいたるとしても、わたしがみなさまの身体組織におよぼす影響のせいではありません。みなさまの同胞が配慮を怠ったせいです。かつてみなさまはこの惑星に生きとし生けるすべてに対して貪欲な存在でありましたが、おたがいに対しても同じように貪欲ではなかったならば、いまでも十分な数のベッドや看護師や人工呼吸器を確保していたはずでしょうし、わたしがみなさまの肺を害するとしても生き延びることができるでしょう。みなさまが両親を老人ホームに閉じ込め、健康な人間をウサギ小屋のような鉄筋コンクリート建てのあばら家に寝かせておくようなことをしていなければ、事態はここまで悪化しなかったはずです。つい最近まで草木がのさばり混沌としていた広がりには、世界中の人々が、というよりもむしろさまざまな世界のさまざまな人々が暮らしていました。みなさまはその広がりをまるごと、一個の広大な砂漠に変えて…

最新の投稿

上村忠男氏への8年目の応答

コロナウイルスについて

12号について

HAPAX12号「香港、ファシズム」

龍脈のピクニック

気候変動の政治

アルゴリズム的統治

蜂起の三ヶ月(2)