スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

アメリカ議会襲撃について フランコ(ビフォ)ベラルディ 高祖岩三郎訳

以下は1月13日の  conversations.e-flux.com   に掲載されたビフォのアメリカ議会襲撃についての考察である。ビフォによれば 議会襲撃は端緒にすぎず 「 低強度の戦争が当たり前の事態となって、次第に警察も軍隊も巻き込んでゆくだろう」。なぜならそこには白人アメリカの「無底」があるからだ。 https://www.e-flux.com/announcements/371876/bifo-on-the-us-capitol-riots/ なおビフォのもうひとつのテクストも近日中にここで公開される。 アメリカ議会襲撃について われわれは何の「 無底性 アビス 」を問題にしているのか? フランコ(ビフォ)ベラルディ 高祖岩三郎訳   1月9日づけ『 New York Times Magazine 』に掲載されたティモシー・スナイダーの論考には、「アメリカの無底性」という、ことさらオリジナルではないが、美しい題名がつけられていた [1] 。だが内容については、読むにつれて、わたしにとって多少がっかりするものだった。   「ポスト真実」は、 前段階的 プロト ファシズムである。そしてトランプは、ポスト真実時代の大統領 であ った。 わたしたちは、 真実を諦めてしまうことことで、富とカリスマ性を持った者に、その 代用としての スペクタクルを創り 出 す力を 譲渡し てしまう。基本的な事実に関する合意なくして、市民は自分たちを守る市民社会を形成することはできない。 自分たち に 相応しい 事実を生産する諸制度を失う につれて 、 わたしたちは、 魅力的な抽象と作り話に溺れてゆくだろう。ポスト真実は、法の統制を摩滅させ、神話の体制を招来する。   わたしはもちろんこの最後の主張には合意する。だがそうは言っても、これは何も説明していない。説明されねばならないのは、何故、アメリカ社会の大勢が、組織的に虚偽の主張を「信じている」のかということである。 それにしても、スナイダーは、トランプ主義者たちが、トランプの発言を、文字通り「信じている」と考えているのだろうか? 『ギリシャ人は神話を信じたか?』という著書で、ポール・ヴェーヌは、「信ずること」の意味を問うている。結論として彼は、神話の力は、隠喩を文字通りに信じさせる事、隠喩的な言辞の前と後の括弧を忘れさせる事にはない

最新の投稿

「いのち」のコミュニズム

それはどのように為されねばならないかもしれないか イドリス・ロビンソン 高祖岩三郎訳

谷川雁の「ふしあわせ」なコミュニズム