スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

武器と倫理 エイドリアン・ウォーレベン  高祖岩三郎訳

  * 翻訳者ノート: 当文は、< https://illwill.com/weapons-and-ethics >からの和訳である。これが書かれたのは、昨2020年9月で、若干の時が流れてはいるが、ジョージ・フロイド蜂起以後のアメリカにおける路上の現状が、日本では未だにあまり知られていないようなので、あえて訳出し、こうした問題機制に開かれている Hapax 誌に掲載を依頼した。ここで議論されている「銃器使用」の問題はアメリカにおける反差別闘争が直面している状況とその行動形態を、もっぱら非暴力的で合法的なものとして表象したがるリベラルな諸メディアの傾向に反して ―― 以後、アメリカにおける民衆闘争の現在/未来を規定する物質的条件となってしまった。この経験を、抗議者側の視点からより細かく報告した文章として、関心がある各意は、<   https://hardcrackers.com/eye-storm-report-kenosha/ >を参照されたし。   2020年 9 月 18 日   倫理的な問いは、武器についてではなく、そのどれかに関わっている。   平和的な蜂起といったものは存在しない。これはアメリカなのだ。社会的な抗争がつづく中で、全ての側において、人々が武装しないという筋書きは考えられない。武器が必要かどうかは、開かれた問いだが、いずれにせよ、それは不可避なのだ。ただし、友人たちがしばらく前に明記したように、「武装していることと武器を使用すること」の間には、重大な差異がある。アメリカの蜂起において、銃が不可避的な要素であるなら、問題は、その使用を不要なものとするためにあらゆる努力を払うことである。   警察によるジェイコブ・ブレイク銃撃につづいて起こったケノーシャの衝突は、この夏の蜂起に参加しそれを観察した人々にとって、武装/暴力にまつわる問いを前面に引き出した。「私たちの側」の銃の存在は、何らかの形で危険性の穏和を意味するのか?それは、それが無ければありないような、何かを可能にするのか?それらの使用が、状況を開示し、人々の力能化に貢献すると、私たちは想像しえるのか?   ドイツにおける共産主義者蜂起の敗北直後に書かれた「暴力批判論」(1921)において、ウォルター・ベンヤミンは、暴力と「非暴力」、合法的な力と非合法的な力との間の不毛な対立を迂回し、その代

最新の投稿

気候変動の政治とは何か 『人新世の「資本論」』を拒絶するために

中平卓馬、記憶喪失のコミュニズム 江澤健一郎『中平卓馬論』に寄せて

アメリカ議会襲撃について フランコ(ビフォ)ベラルディ 高祖岩三郎訳

「いのち」のコミュニズム

それはどのように為されねばならないかもしれないか イドリス・ロビンソン 高祖岩三郎訳