スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

中平卓馬、記憶喪失のコミュニズム 江澤健一郎『中平卓馬論』に寄せて

NEZUMI 1                                                         中平の軌跡は以下のように要約される。「ブレボケ」写真によって衝撃を与えた写真家は 73 年「なぜ、植物図鑑か」というテクストで「ブレボケ」を自己批判して、「植物図鑑」の視線で写真をとることを宣言、その数年後に記憶喪失にたおれたが、復活して「伝説」と化した、と。江澤は『中平卓馬論 来るべき写真の極限を求めて』(水声社)においてこの中平を論じながら、「来るべき民衆」、すなわちコミュニズムを探求した。本稿はこの書に潜在するコミュニズムをつかみだし現在のためにそれを拡張する試みである。 2 中平の軌跡は 1968 年の蜂起が発した問いに同期して、これを誰よりも苛烈に引きうけた者のそれであり、それゆえそこには 1968 の極限が賭けられている。では 68 の問いとは何か。「 1968 年は起こらなかった」でドゥルーズはこう書いた。「重要なことは、六八年五月に、ある透視力が出現したこと、この現象である。つまり、ひとつの社会がそこに含まれている何か耐えがたいことを突如として見いだし、さらにはそれとは別の可能性をも見いだしたということである」。これは『シネマ2』における「時間イメージ」への転換、すなわち「感覚運動図式の崩壊」である。ドゥルーズはこれを第二次大戦における転換として描いたが、その基底には 68 の経験があったことは疑いがない。「何か耐えがたいことを突如として見いだし、さらにはそれとは別の可能性をも見いだした」こととは「出来事」そのものであり、これは切断であった。ガタリはこの革命的状態を「機械が構造にさきだつ」事態であると定義した。「ダイアグラムとともに、分裂 — 革命的な構築主義が得られることになる。内側から穴を開けられたイコンを土台とした新しいエクリチュール。すなわち破棄の欲望」。「すべてはダイアグラム的生産によってベクトル化されるだろう」(ガタリ『アンチ・オイディプス草稿』)。機械とはダイアグラムでもある。ダイグラムは「権力を構成する力関係の表出」としてあらわれる。言表と可視性の作動配列が権力の配置を、もしくは配置としての権力を規定する。 68 は例外状態を出現させて統治そのものをゆるがし、そこでダイアグラムを露呈させたのである。図式の崩

最新の投稿

アメリカ議会襲撃について フランコ(ビフォ)ベラルディ 高祖岩三郎訳

「いのち」のコミュニズム

それはどのように為されねばならないかもしれないか イドリス・ロビンソン 高祖岩三郎訳